借金生活からどうすれば脱出できる?


借金トラブルを自分だけでは抱えきれなくなった時・・・


ーー どんな方法があるのでしょうか? ーー
ーー どこに相談するのが良いのでしょうか? ーー

相談をする相手を間違うと大変な事になってしまいます。身内に相談できないという方も多いです。

借金問題を解決するにはどんな方法があるのか、よく知る事で自分に合った解決方法を見つける事ができます。

債務整理には、
【任意整理】任意整理について詳しく←
裁判に頼らず債権者との和解という方法で借金の一部を減額してもらう【任意整理】

【個人再生】個人再生について詳しく←
裁判所に申立て、そして民事再生法で定められた基準で借金を減額、その額を3年間で返済していく【個人再生】または個人民事再生とも言います。

【自己破産】自己破産について詳しく←
裁判所を通じ、財産を清算する事になるが返済義務のある全額をを免除してもらう【自己破産】

以上の3種類が債務整理の手続きになります。

この他に、
【過払い請求】過払い請求について詳しく←
本当は支払う必要のなかった高めの金利を金融業者に支払い過ぎた額が返金される、

こちらも同様に借金から脱出できる重要な方法のひとつです。

借金問題はとても深刻な悩みです。ですが必ず解決できる方法があります。

自分に合った手続方法を見つける事で,できるだけ早くその苦難から脱出し,再スタートを切りるのは不可能ではないんです。


借金の取り立てが厳しくなってきたからといって、更に別のところから借金を重ねては取り返しのつかない事になります。

コントロールできる範囲でのローンや借り入れなら月々の返済で問題なかったかもしれませんが、借金としてあまりにも増えてしまうと、自分の収入だけでは返済がまったく追いつかなくなってしまいます。

借金トラブルは一度道を外すと増え続けていって、いっこうに減らない金利と返済額に悩まされ続ける事になります。最悪は身内や友人、知人など周囲に迷惑をかけてしまう事も。


相談する、または解決してもらうなら法律事務所になります。裁判所を介さないで解決する方法も、裁判をしないと解決しない問題もやはり法律事務所の弁護士に託す事が安心できる方法です。

また、最寄りの市や区には消費生活センターがあり、そこで相談を受け付けています。対応してくれるのが弁護士や司法書士などの法律の専門家なので安心です。

無料で解決に向けたアドバイスをしてくれますし、専門家に引き継いでくれます。

こちらで最寄りの消費生活センターを見つけることができます。


以前と比べて借金問題は深刻ではなくなったように見られます。それには貸金業法という法改正の影響が大きいようです。

年収によって金融業者から借りれる金額の制限がかかってしまう総量規制は、上限なく融資をさせていた時代とは異なり、返済できる範囲での借入れを行うことで、借金が返せなくなるということは減ってきたのではないでしょうか。

多くの金利を上乗せしていたのを法律で正しい金利に定め、多く取りすぎた利息を返還し、年収に見合った金額までしか貸すことができないという、消費者サイドに優しい法改正になったのではなりました。

過払い金の支払いは多くの貸金業者を弱体化させました。生き残っているのは銀行の傘下にいる業者です。