借金はいきなり背負う訳ではない

借金はいきなり背負うわけではありません。


いきなり高額の借金を背負うよいうことはほとんどの場合ありません。
少しずつ増えて気がつけばとても大きな額になっています。多重債務というのはいくつかの金融機関から同時に借りていることです。実際に本人が合計金額を把握していないという方は多いです。

家計をやりくりしているような主婦の方でも多重債務になってしまい、自分の力ではどうしようもできなくなって任意整理を行なったという方もいらっしゃいます。

共働きの収入に対して毎月ギリギリの家計のやりくりは、何か予想外の出費があったり、夫婦どちらかの収入が減らされてしまったらギリギリの均衡が崩れてしまいます。

最初は少しだけのつもりでクレジットカードのキャッシング枠を利用しただけかもしれません。しかし、その返済も厳しくなっていくと消費者金融に手を出してしまうことになります。消費者金融の契約はとても簡単です。驚くほどあっという間に現金を手にすることになります。特に最近ではスマートフォンがあればいつでもどこからでも申し込みができるので借金をするという感覚は希薄かもしれません。

毎月の返済はまた借金で補うしかありません。場合によっては膨らみ続ける借金は旦那に内緒のままです。やりくり上手だと思われたまま、多重債務はもう手に負えなくなっているケースです。

200万円くらいの借金は決して買い物依存やギャンブル依存でできたものではない事も多いです。収入と支出が合っていないのに生活のレベルを落とすことができず、完全にマイナスでのやりくりが毎日、毎月、続いていきます。子供がいると予定外の出費も増えていきます。

しかし200万円を超えてしまうと公的機関でも手に負えなくなっています。生活を立て直すにはもはや法律事務所しかないという状況になっていました。

債務整理の中でも任意整理という方法が最善と言えるでしょう。裁判を行わないで解決できるのはとても安心です。任意整理で行えることは借金総額を減らすことや、月々の返済時期をずらしたりすることができます。


いわゆる借金地獄から抜け出すことはとても大変なことです。
消費者センターなどの公的機関などの支援制度もとても頼りになりますが、実は借金の内容によって勝手が違ってきます。消費者金融などの借金の場合ではやはり公的機関よりも弁護士の方が脱出して元の生活に戻るのは早いかもしれません。

高額の借金では法律の力はどうしても借りなければなりません。まずは減らすこと、時期をずらすこと、もしくはチャラ、という方法もあります。
それが「任意整理」であり「個人再生」であり「自己破産」なんです。
弁護士の方と相談することが大事です。自分にどれだけの返済できる体力や気力が残っているのか。無理をしない計画を立てることです。

債務整理について