自己破産

【自己破産】とは?


自己破産については債務整理の最終段階だと捉えて良いでしょう。収入や現金以外の財産では債務を返済することが不可能になった場合に、所有している全財産をお金に変換して、債権者に返済する方法です。債権者が複数いれば債権者の全てにその額に応じて分配することです。

裁判所から破産を認めてもらう決定が下された段階で、全ての借金が免除されますが、同時に生活をするのに必要な一部の家具などを除くすべての所有する財産を失う事になります。

ただし、破産手続きの後では収入も含めた新たな財産は自分所有という事になります。ですので心機一転で生活を再構築する事は十分に可能です。

自己破産のイメージは?


もしかしたら一般的にはすべてを失って再起不能となり社会復帰もできない程のダメージを受けているイメージが自己破産にはあるように思われているかもしれません。

しかし、自己破産がもたらすのは個人を追い詰めるものではなく、借金によって追い詰められた個人を救済することが目的なのです。現在の財産すべてを処分する事で、借金が完全にゼロにできるので、生活をゼロから立て直すことが可能になるのです。

一度無計画に借金をしてしまうととめどなく増えていきます。借金を返すために追加で借金をするしかなくなり、返済のために財産を切り崩していきます。 それでも返済方法が見つからないという限界まで来た時点で支払不能となり、自己破産以外方法がないという結末を迎えます。

借金が無くなるというメリットに対して、5年から7年の間はローンを組むことやクレジットカード発行など金融関係の利用は不可能というデメリットはありますが、それさえ我慢すれば、自己破産した事を誰にも知られずに社会生活を送ることも可能なんです。

自己破産を認めてもらう


もはや支払が不能の状態を裁判所に認めてもらう事が必要となってきます。これはすべての借金の返済が不可能だと証明する必要があります。債務者の収入、全財産を持ってしてもこれ以上の返済が不可能と裁判所が判断されれば自己破産は認められます。

裁判所を介す事で法律によって借金の支払い義務を免除されるという制度になります。債権者側は裁判所が決定した法律に従うしかありません。

裁判所を介して支払不能と認められなければ自己破産手続きは行えないので、借金を帳消しにする事だけを目的とした「逃げ得」という事はできません。

もし、自己破産が認められない場合は任意整理、もしくは個人再生のどちらかの方法を検討するしかなくなります。どちらにしても債権者に対しての返済の義務は消えません。

自己破産は難しい?


すべてを失う覚悟なら自己破産は最も潔い方法かもしれませんが、実際には悩ましい問題がいくつもあります。

所有している住宅や車は財産として処分の対象になります。もちろんローンが残っていても処分対象には変わりありません。ただ、ローンの残高によってはより複雑になることもあります。

住宅ローンも自動車ローンもローン会社に換価など処分される事は決まっています。方法は競売、もしくは任意売却のどちらかです。

裁判所が売却の手続きを行うのが競売です。 また専門の不動産を通じて売却の手続きを取ってもらうのが任意売却になります。

どちらにしろ自己破産では所有している住宅を守る事はできません。守るには自己破産以外の債務整理を行うしかありません

債務整理について