自己破産後は何年待てば銀行などのローンが組める?

自己破産の何年後なら銀行など様々なローンを組む事ができる?


自己破産後は何年待てば銀行などのローンが組めるようになるのでしょうか?

自己破産をすれば借金はリセットされ、それまで返済地獄に苦しんでいた事が一切なくなるというメリットはありますがその分、長期に渡り金融関係の利用ができなくなるという社会的制裁を受けなければなりません。

何が利用できなくなるのでしょうか?

信販会社や消費者金融などでお金を借りることはもちろん、クレジットカードを作ることもできません。さらには銀行などの住宅ローンや自動車ローン。様々なローンも不可能です。銀行の場合、その期間10年!

自己破産をしてしまうとすべての金融業者が情報を共有する「信用情報機関」にブラックリストとして記録されます。どの金融関連の会社も個人の利用情報を照会するので、他社の申し込みならバレないという事はありません。すべての金融業者での審査の対象になります。

自己破産の場合で10年間金融トラブルとして登録されてしまいますが、10年を過ぎればリセットされ、また住宅などのローンの申し込みで契約できる事もできるようになります。

信用情報機関は「CIC」と「JICC」そして「KSC」の3社になります。信販会社や消費者金融などの履歴をメインとする「CIC」そしてこちらも消費者金融メインの「JICC」この2社で情報を管理しているのは5年間です。そして銀行系の情報が主な「KSC」だけは10年間事故情報は消えません。

ですので自己破産の後、再びキャッシングができるようになるには5年待たないといけませんが、銀行で扱うような住宅ローンなどの高額ローンは10年間待たなければなりません。

ちなみに自分の履歴情報がどういう状態にあるのかを調べることは可能です。1000円の手数料を払うことで自分の情報が送られてきます。「JICC」は封書で送られてきますが「CIC」はスマートフォンからでも情報開示が可能で、そのまま結果もスマートフォンで確認できます。

信用情報機関には自己破産だけでなく、あらゆる金融トラブルももちろんですが、返済が遅れても履歴に残りますので、できるだけ返済は遅れないようにする必要があります。

また、携帯電話の料金支払いも信用情報機関に残ります。何故かというと携帯電話の料金システムは機種本体を一括で購入するか分割で購入するかの2択ができます。その分割の場合ですと2年分割で毎月の支払いは通話料と機種本体の分割を合わせた額になります。つまりローンの返済ということになるので、これも返済が遅れてしまうと履歴に残るということです。

自己破産についてはこちら