過払い請求

過払い請求とはなんでしょう?


数年前からテレビCMでもよく耳にする過払い金とはなんでしょうか?

消費者金融などで長期にわたりお金を借りていた場合、高い金利を払い過ぎている可能性があるので返してもらえるお金の事を過払い金と言います。

具体的には5年以上の借入期間に18%を超える金利で借りていた場合は過払い金が発生している可能性が高いと言えます。

法で定められた金利よりも高く設定してお金を貸している事になると、本来支払わなくても良いお金をいつまでも返済し続けていた訳ですから、過払い金として貸金業者にお金を返してもらうのに問題はありません。

無料で相談を受け付けている法律事務所は多くありますが、相談する事を躊躇っている方も多いようです。理由は借りたお金に対して返してもらうという行為がうしろめたいという気持ちからくるようです。

ですが返してもらって当然のお金です。法律で決められている事です。弁護士を通して貸金業者に請求するのは何も良心が咎めるような事はありません。

返済の途中でも過払い請求できる?


過払い金請求は支払いが終わっていても、今でも支払い続けている状態でも問題なく請求ができます。支払いが継続していれば、過払いで戻ってくるお金で残りの額を完済する事ができます。

もう支払いを続けなくて良いというのはとても嬉しい事です。さらには支払い残高を超える過払いが発生していた場合は、現金を受け取る事ができます。

消費者金融の設定金利はだいぶマシになって来ました。それでも高額の借金を何年もかけて支払い続けてきて、残り数十万になっているから面倒な事になるなら過払い請求しないでこのまま返済して、完済し終わったら頼もうかと考えている方もいらっしゃるようです。

それは無駄な時間です。すでに長期利用してきて、過払いの可能性が高いのであれば、一刻も早く請求の依頼を勧めます。毎月の返済の負担が減るというのは精神的にもとても助かります。

なにより、弁護士や司法書士にすべて任せれば、後は朗報を待つだけです。

過払い請求はどこに頼むのがよいか?


弁護士に頼むのがオススメです。過払い請求の経験が多い法律事務所が良いでしょう。貸金業者と戦う訳ですから、実戦の経験が豊富な事務所を選ぶのが良いと思います。

最後は貸金業者との駆け引きになります。落とし所として和解に持っていき、示談となるか、裁判まで持ち込むかは弁護士の技量となりますが、弁護士の報酬にも影響して来ますので、示談としてもできるだけ多くの過払い金を取り戻すために頑張ってくれると思います。

数多くの信販会社や消費者金融などは合併や社名変更を繰り返し存在し続けています。実績豊富な法律事務所なら、どこの信販会社はスムーズに進んで、どこの消費者金融が返金を渋るかを把握しています。

ちなみに過払い請求で帰ってくるお金の合計によっては司法書士ではなく弁護士にしか頼めない場合もあります。

過払い請求にかかる費用は?


弁護士を立てるとなると費用の心配をされる方も多いと思います。ですが、戻ってくる過払い金から報酬が差し引かれる事になるので、別途弁護士費用を用意しなければならないというわけではなりません。返還される金額の約20%ほどが弁護士費用となるようですが、もちろん法律事務所によって違います。

相談したのに過払い金が発生していないという事もあるかもしれません。その可能性があるようでしたら、見積もりは無料という法律事務所もありますから、そちらにお願いするのが良いでしょう。

過払い請求まだなら急いだ方がよい?


数年前に過払い返還請求が一気に行われた時期がありました。貸金業者が一度に多くの過払い分を支払わなければならなくなった訳ですから、それが理由で会社存続ができなくなった消費者金融や信販会社も少なくありません。

最近では過払い返還に対応する資力も衰えている会社もあるようです。中には回収がかなり困難に陥っている業者もあるようです。そうなると示談交渉という方法での望む金額の返還が難しくなっており、今後訴訟による過払い請求が主流になっていくかもしれません。

 過払い金が発生する年数は?