過払い金請求の時効について

過払い金請求の時効に関して


過払い金請求には時効があるのです。民法では、債権を持っている状態でも、それを使用しない状態を10年続けるとこの債権は消えてしまい、請求が不可能になるという規定があるのです。

これを「消滅時効」と言い、過払い金の返還請求も債権を求める請求手続きになるので、債権としては10年が時効になります。

民法では、権利が長期間使われないでいると、法によって守る!という様な価値が生じます。この権利(過払い金請求の権利)を使用しなかった!という様なことで、10年以上経ってしまうと、その様な権利は必要ないでしょ?という判断になります。

この様に過払い金請求権を所持していても、ゆっくりしてると請求の権利が消滅するシステムであるので気をつけないといけませんね。

■過払い金請求の時効はどの時から適用になってしまうのか?

過払い金請求を利用する権利が10年で時効という扱いになってしまうのは知っていただけたと思います。しかしじゃあどの時から10年なのだろうか?ということも懸念される部分ですよね。

過払い金時効は、最終返済した日から!10年間と裁判で決定されています。ですので借入した日や最初の返済した日から10年ではなくて、最終的に支払った日にちから10年というのが過払い金請求をする事が不可能になる「時効」という事です。

今も支払いをしてる人には問題はないのですが、以前に消費者金融等から借り入れをして、もう全額返済をした人は気をつけるべきです。

全額返済をした時から10年が時効という様な捉え方でいいとは思うのですが、いくら頑張って全額返済をしたからといって、全額近くお金が返ってくる申請になるので、悪い点は1つもないのです。

すでに済んだ事だからと、過払い金の請求権を捨ててしまうのは非常にもったいないと思います。日にちが経つにつれて、過払い金請求もしにくくなっているのが現状ですので、以前に借り入れをしていた人は早く弁護士に話をして下さい。

過払い金請求の時効と言うよりも、金融業者が過払い金の支払い能力が下がってきているので、少しでも早い段階で手続きをする事の方がちょっとでも多くの金額が返還される様になります。

ご存知かとは思うのですが、武富士がいいたとえですね。倒産しているので、全く過払い金請求をするのが不可能になっています。

その様な事態になってしまうと取り戻せないので、時効もですが、できるだけ早く過払い金請求をする必要があるのです。

過払い請求についてはこちら