借入期間が短い場合は過払い請求?それとも任意整理?

お金を借りている期間が短い場合は過払い請求よりも任意整理なのでしょうか?


過払い請求できなパターンのひとつとして、お金を借りていた期間が短い事があげられますが、最初から諦めている方は一度トライしてみるのも良いかもしれません。

確かに任意整理においてはお金を借入していた期間が長期であるほど、過払い金、いわゆる払い過ぎた利息分が多く発生する場合が多く、それだけ残りの借金を大幅に減らすことができたり、お金が戻ってきたりする事もあります。

また将来利息を軽減することもできるのがこの任意整理の別の役割でもあるので、過払い請求が厳しいという結果であっても、月々の返済額を少なくすることができるので、返済へのストレスが軽くなるのではないでしょうか。

方法は一つだけでなくいくつか選択できのも特徴です。現状、そして将来の事、家族の事も含め、弁護士と相談するのが良いでしょう。

お金を借りていた期間が短いからといって、弁護士費用が高くついてしまうという事はありません。過払い請求の場合では、返ってきた額のおよそ20%ほどが弁護士報酬となりますので、少ない金額でも問題ありません。

少しの金額でも過払いとなっていたら、その額を返済の減額にあてるのが最善方法でしょう。弁護士側もそれを勧めてきます。月々の返済の負担を少しでも減らすことが大事です。

過払い請求に該当しないほどの短い期間での借入になると任意整理になるでしょう。月々の返済額を減らして今後の支払いを楽にするのは過払い請求のひとつの方法と同様に、精神的な負担を軽くする事ができるので安心です。

任意整理をされる方で多くの場合、普段から収支がギリギリの生活を送っているようですが、少しでもバランスが崩れてしまうと、すぐに修正する事ができないので、崩れたバランスのまま、マイナスの状態で日常を送るしかない状態になります。

それだけならまだしも、病気や事故などが立て続けに起こってしまうと、それだけで一気に100万円近い借金も起こり得ます。

計画的に借金ができた場合、様々な目的別のローンを利用する余裕がありますが、フリーローンだと契約してお金を借りるのは簡単ですが、金利が高くついてくるようになります。そうなると利息をいつまでも払い続ける状態になってしまいます。

一度借金をすると200万円まで増えるのもあっという間です。それだけ高い利息は怖いものです。そうなる前に任意整理を考えるべきです。

債務整理について