自己破産の破産管財人って何?

自己破産の破産管財人とはなんでしょう?


破産管財人は、少額管財事件や管財事件などの自己破産の場合に選任されます。

この破産管財人とは、自己破産する人の財産を調査する裁判所から選任された弁護士のことです。

原則として、破産管財人が選ばれると、破産申立人(債務者)に属する財産の全ての管理処分権が破産管財人に渡ります。そのため、債務者(クレジット会社や消費者金融など)が、貸付金などの債務を回収するためには、債務届出を行い破産手続を開始しなければなりません。

さらに、短期間で完結すると予想される財産の少ない管財事件は少額管財事件と呼ばれ、このような場合、自分で破産申立をしても採用されないので、弁護士を通して破産申立をしなければなりません。

少額管財事件の場合は管財人が選任され、全部の郵便物は一度破産管財人へと転送されます。私自身も自己破産を経験したことがありますが、少額管財事件として処理されました。

破産申立を行う際に書類の内容に不明な点や不審な点があった場合、破産管財人が弁護士や債務者(破産申立人)に連絡を取り確認を行います。この時、破産申立人はそれに対して回答や説明をしなければならないという義務があるのです。

その他にも、破産管財人は債務者に対して財産を平等に分けるという任務も担っています。債務者に対する財産分与が問題なく終了すれば、破産手続きは完了となります。

管財事件になった場合、債務者と破産申立人が集まって質疑応答などを行う債務者集会が裁判所で開かれます。

私も以前この債務者集会を開きましたが、債務者が大手金融業者が多かったため、一人も来ませんでした。

自己破産する際、主な借入が大手金融業者からの場合だと、債務者集会を開いても一人も参加しないという事も珍しくないそうです。

しかし、借入が主に個人の取引先や友人知人の場合だと、借金が返済されないと困るという人が多いため、債務者集会への参加率が高く、揉めることもよくあるそうです。

そうなってしまった場合、スムーズに自己破産出来なくなり、時間が延びてしまうのです。

破産管財人への報酬は裁判所に支払う事になっており、少額管財事件の場合は20万円、管財事件の場合は50万円です。弁護士の預金口座に振り込みをし、その後、弁護士から裁判所へと支払われます。

何か事業をしていたり、財産を隠しているのではないかと思われる場合は、管財事件に発展する割合が高くなります。

私は少額管財事件として扱われたので、破産管財人の事務所で数回事情聴取を受け、郵便物は3ヶ月間破産管財人の所に転送されました。さらに、毎月の家計収支の提出も要求され、3ヶ月の間心が休まることはほとんどありませんでした。

自己破産は出来るだけ同時廃止で完結させたいものです。

自己破産についてはこちら