個人再生

【個人再生】とはどんな方法なんでしょうか?

個人再生の手続きとは裁判所の決定で返済するはずの借金を減額してもらった上で長期分割払いの方法に変更してもらえるという方法です。

個人再生手続きに対して民事再生手続きがあります。もともとあった民事再生手続きは法人を対象にしているため個人には複雑で利用しづらい面がありました。民事再生の手続きをより分かり易くスムーズにしたのがこの個人再生になります。

任意整理と異なるのは強制力


裁判所を介さない任意整理と違って、裁判に持ち込む個人再生は裁判命令という強制力があるという事です。

裁判がらみにしない方法は負担が軽く感じられるかもしれませんが、実は法的な強制力が無いので、債権者が納得しない限り、和解に至るまで揉める事もあります。

さらには和解の決着点である分割の返済額が、高額になってしまうという結果も。

それに対し、裁判手続きである個人再生は、法的な決定として債権者は命令に従わざるを得ない状態になります。もちろん債権者の同意が必要ですが、債権者のペースに引っ張られるという事は少ないと言えます。

個人再生は裁判に持ち込むとしても結果的には債権者に借金を返済するわけですから、債務者は借金の負担が消えるわけではありません。債権者にとっては最悪の選択肢ではないという事です。

任意整理と自己破産の中間にあたるのが個人再生と言えます。

制限が少ないのも特徴


債務整理を行うと社会復帰ができなくなるというイメージはあるかもしれません。ですがそのイメージは「自己破産」には当て嵌まりますが、任意整理と個人再生はそのような制限はありません。

財産の処分が執行される事もありませんし、資格を使った仕事ができなくなるという制限もありません。これらはどちらも自己破産の手続き後に行われる事です。

借金をゼロにするという事は、個人的には負担が軽くなるように感じますが、法的には社会的制裁が課せられるという状態なんです。

長期分割でも返済をオススメします。

債務整理について