任意整理をしたらブラックリスト扱いになってしまうのでしょうか?

任意整理をする事で少なからず心配もあります。
ブラックリストに関する事です。


債務整理をする事で大きな不安から解放される事は大事な事ですが、支払い義務を放棄するわけですから、それなりのリスクは覚悟しなければなりません。

それがブラックリストに載るという事です。要はほとんどの金融機関が情報を共有している「信用情報機関」に履歴が残る、という事になります。

順番としては債務整理を行うのは弁護士です。弁護士が依頼を受任し、それを実行するために債権者である金融業者に通知を送ります。

債務者である利用者に催促や取り立てが止むのは、金融業者が弁護士からの受任通知を受け取ったからです。

お金を貸した側としては、債務整理を弁護士を通じて行ったこの利用者の個人情報や利用取引情報等をすべて、「信用情報機関」にアップします。

任意整理した事実が情報としてアップされたわけですから、他の金融業者がこの債務者について調べた時には、この任意整理までの情報が確認できるわけです。

金融業者といっても、消費者金融だけではありません。

クレジットカードを発行する会社、カードローンや住宅ローンなどを行う銀行はすべてこの信用情報機関を利用していますので、新たに申し込みをしても拒絶されるのは間違いないです。

ただし、この信用情報登録期間は5年までとされていますので、5年経過した後はまた新規の申し込みが問題なくできます。

ちなみに自分の利用履歴がどの状態になっているのか調べる事は可能です。手数料の1000円を支払って、自分の情報を受け取ることができます。

5年経過して任意整理の履歴が消えているかを確認することができます。個人情報といっても、金融機関を利用していない方の個人情報は載りません。

ただし、クレジットカードを利用されている方は載ることがありますし、携帯電話の本体を2年ローンで混入した方もこちらの履歴に載ります。

携帯電話本体を一括で支払って、月々の支払いは通話料のみという方は利用履歴は残りません。

そうでなければ携帯電話本体を分割で払っていますので、ローンという扱いになり、履歴に残ります。月々の返済が遅れた場合も履歴に残って、他の新規申し込みの際には少なからず影響があるかもしれないので気をつけましょう。

任意整理についてはこちら