任意整理に関するQ&A

Q1.任意整理はどんな時に選択できるのでしょうか?

A1.任意整理とは、基本的に利息制限法の上限金利を15%~20%まで減額した借金を3年もしくは5年の間で返済をしていく手続きです。なので、毎月の返済に充てる金額よりも、減額してもらった借金を36~60ヶ月で割った額が下回った場合、任意整理を選ぶことが出来るのです。

さらに任意整理とは、借金額が大幅に減額されていても、借金返済をする手続きという事に間違いはありません。なので、収入が安定していなければならないのです。各貸金業者に弁護士が送付した受任通知(介入通知)が届いた時点で返済や取立は止まりますので、最初にきちんと生計を立て直して返済原資を貯め、これからの返済の準備をしておきましょう。

Q2.任意整理は学生やアルバイトでも出来るのか?

A2.任意整理は学生やアルバイトでも安定した収入さえあればすることが出来ます。元の借金が減額されたとしても、ある程度の金額を毎月ちょっとずつ返済する必要があります。なので、収入の金額がどうであれ、毎月続けて返済できるように返済原資を保持しなければなりません。

Q3.家族や知人、会社などに任意整理したことが知られてしまうのでしょうか?

A3.ほとんど知られる心配はいりません。万が一、家族や知人、会社から借入していた場合でも、任意整理を行う際に介入する相手を選ぶことが出来ます。なので、原則として弁護士が介入しない限り、家族や知人、会社に知られる事はないでしょう。

しかし、もし家族や知人、会社の人に関連書類などを見られた場合は気づかれてしまいますので、関連書類は慎重に管理することをおすすめします。当事務所は、依頼者への郵便物に関して最大の注意を払って扱っております。法律事務所の名前入りの封筒は使用せず、個人名で郵送していますのでご安心ください。もちろん、電話連絡の際も個人名を使用し、プライバシーはきちんと保護するよう配慮しております。

Q4.任意整理をしたら、その業者の貸金業者のカードも利用できなくなるのでしょうか?

A4.原則として利用は不可能となります。
しかし、任意整理に関係していない貸金業者に対しきちんと返済を続けていれば、その貸金業者は信用情報登録を見ることはないので、カードを一時的に利用することが出来る場合もあります。ですが、基本的にカードを更新する時期になれば信用情報登録を見て確かめることが予想されるため、そのような時期になればカード利用することが出来なくなると思います。

任意整理についてはこちら