任意整理

【任意整理】とは?


実はそんなに負担がかかるようなことではありません。どうしても自己破産と同じように受け止める方もいらっしゃるようですが、それとは異なります。

まず裁判まで持ち込むような事はありません。裁判所が関与しないので、裁判費用というものもかかりません。裁判所が関わらないという事で「任意」という位置付けになります。

借金を返済する気持ちがまだ残っているけれど金利を考えると毎月の返済が厳しいという方は任意整理がオススメです。

関わってくるのは本人である債務者とお金を貸している金融業者、いわゆる債権者とその間に入る弁護士のみです。

弁護士の立場は債務者の代理人となり、残りの借り入れ金額をどう返済していくかをお金を貸している側の債権者と話し合っていくという流れになります。

債務者の日常は確保される


あくまでも債務者の日常を壊さない程度での返済計画の見直しとなりますので、ギリギリのラインはどこにあたるのか、どれだけ支払うことが可能で、どれくらいの時間が必要なのか、双方の話し合いは必要になります。

債務者の提示する返済計画は債権者からすると受け入れがたい内容もあります。しかし、債権者からすると、自己破産されて全てのお金が返って来なくなるよりは時間がかかっても返済される事を望みます。

任意整理をしないで返済が遅れる事が多くなった場合は、債権者としては一括返済を望むという強硬手段に打って出る事も考えられます。任意整理のメリットはそこにあります。

こういう駆け引きに関しては債務者は法律においてはもちろん素人ですので、弁護士はどうしても必要になります。現状況を鑑みて「任意整理」か「個人再生」を選択するのが良いかは弁護士の判断に任せるのも大事です。

他の債務整理とは違い、違法金利での過払い請求を除いては、返済はしなければならないので、長期の分割払いの方法を模索するという形です。借金減額という受け止め方もありますがその通りです。

最後に代理人としての弁護士が債権者と話し合いを行った結果、債務者と債権者は和解契約を締結する事になり、合意書(和解書)を取り交わして完了になります。

では、任意整理での和解契約の内容とは?こちらで詳しく

和解契約が行われた事で、信用情報機関に任意整理の情報が登録されます。その情報が残っている間は新たにローンやキャッシングを行おうとしても無理です。

どの金融業者も銀行もクレジットカード会社も信用情報機関の情報は共有していますので、バレないつもりでも審査の際にすべて把握されると思って間違いないです。

しかし、情報の保存期間があります。任意整理の場合ですと5年から長くて7年間は閲覧されますが、それ以降なら白紙の状態になりますので新規申し込みは可能になります。

あとは、それぞれ業者の判断ですので、7年以上経過していたとしても、弁護士を頼んで任意整理をした過去が発覚してしまうと、審査に落ちる事もあります。

審査が通った直後に、安堵から自ら過去の金融トラブルをうっかり話してしまって、あらためて審査に落ちたという話もあります。

 任意整理をしたらブラックリスト扱いになってしまうのでしょうか?