債務整理を行った後、いつからローンを組むことが出来るのか?

債務処理を行った後、いつからローンを組むことが出来るのか?


債務整理を行った後、いつからローンを組むことが出来るのかと心配に思っている人もたくさんいるのではないでしょうか。一度借金をしてしまって債務整理で苦い経験をした人であれば、中にはもう二度とローンを組みたくないという人もいるかもしれません。

ですが、車のローンや住宅ローンなどは高い買い物なので、債務整理を行った後どのくらいでローンが組めるようになるのか、気がかりなのではないでしょうか。

債務整理を考えている人で、ローンはいつから組めるのか、今後ローンを組むことは可能なのかという事が心配で、先に進めなくなっている人も少なくないかもしれません。

そこで、債務整理を行った後、いつからローンを組むことが出来るかについてお話したいと思います。

はじめに、債務整理でも自己破産や個人再生についてですが、個人信用情報機関のCICで5年間、JICC(日本信用情報機関)で5年間、KSC(全国銀行個人信用情報センター)で10年間、自己破産や個人再生の履歴などの事故情報が記載されることになっています。

よって、債務整理をすれば短くても5~10年の間はローンを組むことが難しい状況となるでしょう。

しかし5~10年ほど経てばローンが必ず組めるようになるという訳でもありません。これまでに、どの銀行から借入したか、どの信販会社の債務を負ったのか、などによっても分かれてきます。

個人信用機関に記載される期間を過ぎたとしても、踏み倒しを一度行ってしまった金融機関などからはローンを組むことが二度と出来ない場合もあるのです。

なぜなら、個人信用機関の履歴が消えても、自社の履歴は残ったままだからです。

しかし金融機関によっても見解は異なってきます。実際は、いつからローンを組むことが可能と断言できるものではなく、自己破産から10年以上経っていて、収入が安定しているのでローンの審査を通すという場合もあるのです。

自己破産してしまったが、将来持ち家を手に入れたいと思っている方もいるかもしれませんが、実際にいつになったら住宅ローンを組めるようになるのかについては、はっきり言って不明です。

ですが、債務整理をしてから7年ほど経った後、クレジットカードを作り、持ち家を手に入れた人もいるのは事実です。

なので、二度とローンを組むことが出来ない訳ではありません。債務整理後にローンを組みたい場合は、これまでに借入をした金融機関を除いて関わりのない銀行や金融機関を見つけ、ローンを組む手続きを行う事が一番効率の良い方法でしょう。

債務整理についてはこちら