個人再生の利点とはなんでしょうか?

■個人再生の利点というのは?

【 強制力を有している点 】

債務整理のやり方の1つとして任意整理というのは、裁判所を通さずに債権者と直接話して、生活を脅かさないぐらいの返済計画の同意を得るという手続きになります。

任意整理は裁判の範囲外の示談交渉なので、法律での制限がほとんどないと言った利点は大きいのではないでしょうか。

しかしながら、任意整理は裁判の範囲外の話し合いなので、法的な強制力というものはございません。まとめると、債権者が容認しないと合意にならないのです。合わせて、月々の返済金額も値段が高くなってしまう時もあるのです。

この事に対して、個人再生は裁判での手続きです。このことからも、強制力があるのです。裁判所からの再生計画の認可が決まれば、法的な強制力が発生するので、債権者もこれに従わないといけないのです。

この事から、個人再生は、債権者の考えによって決まりにくいと言う利点があるのです。(しかし、小規模個人再生の時は、債権者の一定の同意が必須です。)

■個人再生の再生計画認可決定による効き目

【 大きな減額や分割での支払いができる事 】

個人再生の時には、債務を大きく減らせる場合もあるのです。

借金総額や資産と収入の状態、どの様な手続きを選ぶかによっても違うのですが、借金(引き直して計算した後)が5分の1(借入金が3000万円を超える時には10分の1)ぐらい大きく減らせることもあるのです。

合わせて、個人再生の時には、ただ減らす事が出来る以上に、この減らした借金を、3年(もしくは5年)の長い期間での返済にして貰えます。

借金を完全に無しにする自己破産と違い、できるだけ返済する方向で相談することになりますが、無しにしない分、それだけ自己破産よりはメリットはありますので、頑張って返済していきましょう。

任意整理だと、引き直しの計算よりも多く借金を減らすことはし難く、いくらぐらいの分割が可能なのかも金融業者毎に違うので、個人再生が、任意整理より借金の総額や毎月の返済する金額どちらにしても低い額で出来るという利点があるのです。

■個人再生をした時に借り入れ金はいくらぐらい減らせるのか?

【 自己破産みたいな制限がない事 】

自己破産の時は、任意整理や個人再生とは違い、免責が許させれると、普通は借金の全ての金額に対して支払いの責任が免除される利点があるのです。

ですが、効果が大きいのは反対に、財産の処分が必要になったり、破産手続きの間は資格が必要な仕事はできず(資格制限)、免責不許可事由のある時には免責が認定不可の危険性がある等の制限があります。

それに対して、個人再生の時には、財産の処分が必要にならない場合もあります。合わせて、破産の時とは違い、資格制限等の法的な縛りもないのです。

その上、免責不許可事由に当たる状況でも、個人再生は許可されるので、この点も大きい利点であるのです。

個人再生についてはこちら