ストレス解消も借金の悪循環

利息の増えた借金の返済はかなりのストレスになります。


家族や友人、知人から借りることは相当のリスクを覚悟する必要があります。そうなると社会的にお金を貸してくれるところの方がまだマシです。

ですがご存知の通りお金を借りるということはタダでは貸してもらえません。保証人や担保など借金への見返りが必要です。

その点、消費者金融などは保証人も担保も必要ないというのは大変助かります。

今回はその話ではありません。

利息からのストレスについてです。
消費者金融や銀行から借金をすると利息が付いてきます。利息の額は決まっていますので安心なんですが、高額融資で長期分割ともなると利息は膨大に膨らんで、簡単には返済できない状態に陥り、月々の返済額の多くを利息の返済にあててしまい、完済がとても先になってしまいます。

こうなってしまうと借金地獄と呼ばれる状態の始まりです。
いつまでも終わらない借金に、強いストレスを感じるようになり、無計画で投げやりになってしまいます。ストレスを解消するためにお金をかけて解決しようとしますが、どうやっても一時的なものなので、何度も繰り返してしまします。

ギャンブル依存症や買い物依存症になるのはこんな流れがよくあります。
厄介なのはどの依存も大きなお金が必要となります。元のお金は無いわけですから当然多額の借金を上乗せするようになります。一度借金を背負うと追加で借金することに抵抗がなくなってしまいます。100万円の借金も200万円の借金もそう変わらないと思うようになっていきます。

借金のストレスからさらに大きな借金が生まれてしまいました。こうなると完全に悪循環です。
お金のストレスは人格を破壊してしまいます。歪んだ精神になって最悪な結末を迎えてしまう場合もあります。

最初の段階で家族や友人知人に借金ができないという考え方をされる方の多くは借金問題を最後まで誰にも相談できずに苦しみ続けることもあります。

そうならないためにも借金問題のプロに早めに相談することをおススメします。

100万円の段階で任意整理できていたら、解決はまだ簡単だったかもしれません。しかし200万円になっても任意整理は可能です。

とはいえやはり早い段階で解決方法を探るほうが良いに決まっています。

早期発見・早期治療は病気と同じです。

債務整理について